誠実、感謝。ご挨拶にかえて。

2005.03.25 Friday

0
    私が、家業の製麺業に従事するため東京から島原に戻って
    一年になります。
    最初は、柔らかくて赤ん坊の手のようだと笑われた私の手も
    随分皮が 固くなりました。
    今では、触るだけでそうめんのよしあしが分かるよう に、、、
    は、まだまだです。
    そんなことを言うと職人に怒られてしまいます。
    そして背中で語られてしまいます。

    「誠実、感謝。ひたむきに、麺ばつくれ」 

    この一年、いや一年と言わずこれまでの道のり、前にいた会社の方々、 恩師、友人、家族、取引先の方々、多くの方 に助けて頂きました。
    とりわけ、そうめんを食べて頂いたお客様からの
    「美味しかった!」
    の一言に力を頂くことしきり、でございました。

       ありがとうございます。

    これからも、もっと美味しい めんづくりに精進して参りますので、
    ご贔屓のほど宜しくお願い致します。

    めんづくりに従事して日々おもうのは、職人(父)と工場長(母)の、めんづくりにおけるカン(勘、感)の凄さ、です。20数年みなさまに愛していただいているそうめんには、理由があるんですね。この日誌では、その凄さ、そしてそれはめんの奥深さにも通じると思いますが、そのあたりを、私の日々の発見を手がかりにお伝えできれば、と願っています。
    それでは、そうめんのように、ながいお付き合いをよろしくお願い致します。

    誠実、感謝。の手。