道端の瓦礫の中から 高村光太郎

2006.11.03 Friday

0
    もうひとつ。


    いただいた、チカラのあることば。


    アートを専攻し、いま。

    おそらくこのことばを教えてくれた方の目には、
    このように、いろいろなことが映り始めているのでしょう。


    彼の作品が、いまから楽しみです。


    道端の瓦礫の中から

    黄金を拾い出すというよりも、

    むしろ瓦礫そのものが

    黄金の仮装であったことを見破る者は、

    詩人である。


    高村光太郎




    あまりにも見慣れてしまっているために、
    瓦礫ときめつけていることはないか。

    あまりにもアタリマエに注がれてきたために、
    瓦礫ときめつけていることはないか。


    詩人とは、感謝することを知る人、かもしれませんね。
    コメント
    コメントする